太陽光発電を設置する時に適した環境

by author



太陽光発電を設置する時には、設置する際の環境で発電する事ができる電力量が大きく左右される事もあります。そのため、設置環境によってどのようなシステムにするのかを検討してから太陽光発電システムを設置するのが良案です。最近の太陽光発電システムには色々なソーラーパネルが開発されている事からも、環境に合わせたソーラーパネルを選んで設置する事が大切になってきます。様々なソーラーパネルの中から、自分の家庭の環境に合ったソーラーパネルを選ぶ事が大切です。



太陽光発電を設置するのに比較的有利な環境としては、南向きの屋根がある家庭で、傾斜がゆるやか、そしてあまり雨や雪の多くない地域にある事が適した条件となっていますが、自分の住んでいる住宅や地域が太陽光発電システムを設置するのに適していなかったとしても、ソーラーパネル次第では太陽光発電システムで発電する事ができる電力を増やすこともできます。

ソーラーパネルは主に新型のソーラーパネルと、旧型のソーラーパネルとに分けられます。
旧型のタイプはブルーのソーラーパネルで、新型のタイプは主にブラックのソーラーパネルが多く使用されています。



ブルーのタイプの旧型パネルは、性能が劣っているというわけではなく、条件が良い地域においては比較的効率よく発電をする事ができるソーラーパネルです。

太陽光発電システムを設置する条件が整っている家庭では、この旧型のソーラーパネルを設置する事で効率よく発電を行う事ができます。



一方で新型のソーラーパネルは、悪条件下でも効率の良い発電をする事ができるパネルとして注目をされているソーラーパネルです。

例えば薄曇の時や、太陽光がパネルに照らす角度が多少悪かったとしても、発電を続ける事ができるパネルです。

他にも新型のソーラーパネルは薄型軽量というメリットを持っていて、あまり屋根上の積載量を増やしたくない場合に活用すると便利なソーラーパネルです。




その条件によって適したパネルがあるため、設置業者に相談をしてみるのも良案だと言えます。



http://www.pken.com/
http://www.nisc.go.jp/security-site/smartphone/
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_faq/faq01.html